ニュース

「リーボック クラシック」がLA発ストリートブランド「プレジャーズ」とコラボ 名作スニーカーを含む7型を用意

 「リーボック」の歴代の名作を中心に展開するカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は6月28日、アメリカ・ロサンゼルスを拠点とするストリートブランド「プレジャーズ(PLEASURES)」とのコラボコレクションを発売する。

 「プレジャーズ」は、2015年にアレックス・ジェームス(Alex James)とヴラッド・エルキン(Vlad Elkin)がロサンゼルスで設立。以降、パンキッシュなマインドが反映された独特なグラフィックで世界中のストリートシーンから注目を集めているブランドだ。

 コラボコレクションはグリーン、ブルー、ブラックをメインカラーに、アノラック、Tシャツ2型、トラックパンツ、ウーブンショーツの5型のアパレルと、2型のスニーカーの全7型をラインアップする。Tシャツを除くアパレルは、縁取りされた“PLEASURES”の文字があしらわれたシンプルなデザインだが、Tシャツはレオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)の「ウィトルウィウス的人体図」を思わせる大胆なグラフィックがプリントされていたりと、「プレジャーズ」らしい仕上がりに。スニーカーは1980〜90年代に人気を博した「リーボック」の名作“クラブ シー(CLUB C)”と“アズトレック(AZTREK)”をベースモデルに採用し、通常“Reebok”の文字が入るサイドの部分をはじめ、随所に“PLEASURES”の文字が配されている。

 価格はアノラック(1万2960円)、Tシャツ2型(5929円)、トラックパンツ(1万1880円)、ウーブンショーツ(5929円)、“クラブ シー”(1万2960円)、“アズトレック”(1万4040円)で、いずれも税込み。「リーボック」原宿店や横浜ビブレ店などの直営店と公式オンラインストア、ビームス(BEAMS)の一部取扱店、グレイト(GR8)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で取り扱う。