ファッション

「リーボック」がブランドアンバサダーに元BLOCK Bのリーダー、ジコを起用

 「リーボック(REEBOK)」は、韓国のヒップホップアーティスト兼プロデューサーのジコ(ZICO)をアジア地域におけるブランドアンバサダーに起用した。6月からアンバサダーとしての活動を始め、今後は商品ビジュアルなどに登場する。

 ジコは1992年生まれのアーティストで、昨年自身がリーダーを務めていた韓国アイドルグループBLOCK Bを抜け、ソロ活動に専念すると発表した。音楽活動だけでなく、独自のファッションセンスで数々のミュージシャンに影響を与えている。

 「リーボック」はジコ起用の理由として、彼のアーティストとしての才能やファッションセンスにブランドアイデンティティーであるストリートカルチャーとの親和性を見出したこと、常に新しいスタイルや音楽に挑戦する姿勢がリーボックのスピリットを体現していることを挙げた。

 同ブランドは昨年、米ラッパーのカーディ・B(Cardi B)とのパートナーシップを締結するなど、ヒップホップアーティストを積極的に起用している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら