ニュース

リーボックが2020年にブランドロゴを統一 ブランド全体で一貫性のある製品開発に取り組む

 リーボックは、カジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」と、フィットネスライン「リーボック(REEBOK)」のロゴを2020年に統一する。リーボックは今後、カテゴリーの境界を超えてブランド全体で一貫性のある製品開発に取り組む。また19年11月に、“ベクターロゴ”を採用したフィットネスアイテムを限定発売する。

 統一の背景は、顧客の新たなニーズに応えてよりよいブランドを築くためだ。現代の顧客の特徴である日常着とスポーツウエアの垣根がなくなりつつある点も決め手となった。

 新ロゴは、「リーボック クラシック」で採用している“ベクターロゴ”と“ドロップアールワードマーク”をベースに作成。“ベクターロゴ”は、ブランドロゴとデザインマークの間隔を広げるなど、従来よりも見やすいデザインにアップデートしている。

 “ベクターロゴ”は、50年以上の歴史があるリーボックのサイドストライプとクロスチェックデザインをベースに作成した。1992年の導入以来、リーボックの最も認知度の高いブランドロゴとして浸透してきた。

 11年からフィットネスラインで採用されてきた“デルタロゴ”は、クロスフィットなど一部商品のみで引き続き採用される。