ファッション

リーボックが2020年にブランドロゴを統一 ブランド全体で一貫性のある製品開発に取り組む

 リーボックは、カジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」と、フィットネスライン「リーボック(REEBOK)」のロゴを2020年に統一する。リーボックは今後、カテゴリーの境界を超えてブランド全体で一貫性のある製品開発に取り組む。また19年11月に、“ベクターロゴ”を採用したフィットネスアイテムを限定発売する。

 統一の背景は、顧客の新たなニーズに応えてよりよいブランドを築くためだ。現代の顧客の特徴である日常着とスポーツウエアの垣根がなくなりつつある点も決め手となった。

 新ロゴは、「リーボック クラシック」で採用している“ベクターロゴ”と“ドロップアールワードマーク”をベースに作成。“ベクターロゴ”は、ブランドロゴとデザインマークの間隔を広げるなど、従来よりも見やすいデザインにアップデートしている。

 “ベクターロゴ”は、50年以上の歴史があるリーボックのサイドストライプとクロスチェックデザインをベースに作成した。1992年の導入以来、リーボックの最も認知度の高いブランドロゴとして浸透してきた。

 11年からフィットネスラインで採用されてきた“デルタロゴ”は、クロスフィットなど一部商品のみで引き続き採用される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら