ニュース

「リーボック」の新コンセプトストアが今秋日本初上陸 フィットネスとファッションを統合

 「リーボック(REEBOK)」は9月14日、新業態のコンセプトストアの日本第1号店リーボックストア 渋谷(Reebok Store Shibuya)を東京・渋谷に開業する。 これまでリーボック フィットハブ(Reebok FitHub)で展開していたフィットネスやトレーニング、ランニングアイテムとリーボック クラシックストア(Reebok CLASSIC Store)で展開していた80〜90年代の歴代スニーカーやアパレルアイテムを統合して取り扱う。この新業態は今年、世界に先駆けてアジア地域でスタートしたもの。

 新旗艦店のオープンを記念して、今年25周年を迎え4月に復刻した“インスタポンプフューリー”の“シトロン”と“サックス”(各1万8000円)を数量限定で発売するほか、オープン記念オリジナルTシャツ(3990円)も用意する。また、MMA史上初の2団体王者となった格闘家の堀口恭司選手や、フィットネストレーナーのガンダルフ・アーチャー・ミルズ(Gandalf Archer Mills)といったアスリートやセレブリティーとのコラボアイテムの販売も予定している。

■リーボックストア 渋谷
オープン日:9月14日
時間:11:00〜21:00
住所:東京都渋谷区神南1丁目20-17
店舗面積:263平方メートル