ファッション

リーボックが期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」をオープン 希少&未公開モデルを多数公開

 リーボック(REEBOK)は4月5〜14日、同社が1990年代に発表したスニーカーの数々などを展示する期間限定ミュージアム「Reebok 90s House」をオープンする。会場は東京・原宿のB-SIDE(東京都渋谷区神宮前5-11-2)で、入場は無料。

 「Reebok 90s House」は、90年代のスポーツシーンを席巻したリーボックの2つのテクノロジーにフォーカス。空気の出し入れによってフィッティングを調整する“ザ・ポンプテクノロジー”と、ソールに内蔵したエアポッドにより安定性とクッション性を提供する“ディーエムエックス ムービング エア テクノロジー(以下、DMX)”の2つをメインに、アイコニックなスニーカー“インスタポンプ フューリー(INSTAPUMP FURY)”の誕生秘話や、生みの親であるデザインチームRACについて、未公開プロトタイプなどを交えて解説する。

 さらに、“NBA史上最高のセンター”と呼ばれるシャキール・オニール(Shaquille O'Neal )のファースト・シグネチャーモデルや、“インスタポンプ フューリー”のオリジナルカラーにカスタマイズされたスペシャルカーなどを展示。会場ではこれまで「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」とコラボしてきたアーティストたちの楽曲を収録した7inchレコードを無料で300枚配布し、開催を記念したフーディーやTシャツからなる限定コレクションを販売するなど、“インスタポンプ フューリー”の誕生25周年を祝うコンテンツが盛りだくさんとなっている。

■Reebok 90s House
日程:4月5〜14日
時間:11:00〜20:00
会場:B-SIDE
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-2
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら