ファッション

レイ・シュリマーがライブを披露した「リーボック クラシック」“DMX”の復刻記念パーティーの模様をお届け

 「リーボック」のカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は3月26日、1997年に発売したスニーカー“DMX”の復刻を祝したディナーパーティー「DMX GALA PARTY 〜EVOLVE WITH THE STREET〜」を東京・麻布の東京アメリカンクラブで開催した。“東京ストリートカルチャー”をテーマにファッション、カルチャー、音楽を融合させた同パーティーには、白濱亜嵐や宮本彩菜をはじめとしたアーティストやモデル、メディア関係者など約250名が招待され、代々木八幡のレストラン、パス(PATH)が監修したディナーが振る舞われた。

 パーティーの前半では、“DMX”を現代的に再解釈した“DMX フュージョン(DMX FUSION)”と90年代のハイテクスニーカー“DMX ラン 10(DMX RUN 10)”の復刻モデルを使用したスタイリングショーを開催。磯田龍生やモトーラ世理奈など注目モデルが多数起用され、ブラック&ホワイトのシンプルなもの、ネオスポーツ、パンク、ビンテージといったジャンル別のスタイリングが披露された。また、ショーの終盤には“DMX フュージョン”で上半身を覆ったモデルなどが登場し、来場者の多くがカメラを構える姿が見られた。

 後半には、ラッパーのJ・コール(J Cole)やタリブ・クウェリ(Talib Kweli)との協業で知られるキーボーディストのBIGYUKIが演奏を披露した他、大トリとして「リーボック」のアンバサダーも務めているヒップホップデュオのレイ・シュリマー(Rae Sremmurd)がこの日のためだけに来日して登場。舞台装置によじ登ったり、観客席に降りるなど会場を縦横無尽に使ってユーチューブでの再生回数が6億回を超える人気曲「Black Beatles」や「Swang」など全9曲を披露し、会場を大いに湧かせた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら