ファッション

レイ・シュリマーがライブを披露した「リーボック クラシック」“DMX”の復刻記念パーティーの模様をお届け

 「リーボック」のカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は3月26日、1997年に発売したスニーカー“DMX”の復刻を祝したディナーパーティー「DMX GALA PARTY 〜EVOLVE WITH THE STREET〜」を東京・麻布の東京アメリカンクラブで開催した。“東京ストリートカルチャー”をテーマにファッション、カルチャー、音楽を融合させた同パーティーには、白濱亜嵐や宮本彩菜をはじめとしたアーティストやモデル、メディア関係者など約250名が招待され、代々木八幡のレストラン、パス(PATH)が監修したディナーが振る舞われた。

 パーティーの前半では、“DMX”を現代的に再解釈した“DMX フュージョン(DMX FUSION)”と90年代のハイテクスニーカー“DMX ラン 10(DMX RUN 10)”の復刻モデルを使用したスタイリングショーを開催。磯田龍生やモトーラ世理奈など注目モデルが多数起用され、ブラック&ホワイトのシンプルなもの、ネオスポーツ、パンク、ビンテージといったジャンル別のスタイリングが披露された。また、ショーの終盤には“DMX フュージョン”で上半身を覆ったモデルなどが登場し、来場者の多くがカメラを構える姿が見られた。

 後半には、ラッパーのJ・コール(J Cole)やタリブ・クウェリ(Talib Kweli)との協業で知られるキーボーディストのBIGYUKIが演奏を披露した他、大トリとして「リーボック」のアンバサダーも務めているヒップホップデュオのレイ・シュリマー(Rae Sremmurd)がこの日のためだけに来日して登場。舞台装置によじ登ったり、観客席に降りるなど会場を縦横無尽に使ってユーチューブでの再生回数が6億回を超える人気曲「Black Beatles」や「Swang」など全9曲を披露し、会場を大いに湧かせた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。