ニュース

「リーボック」から90年代のハイテクスニーカーのDNAを引き継ぐ新モデル登場

 「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は2月24日、1997年にリーボックが開発したクッショニングテクノロジー“DMX ムービング エア テクノロジー(DMX MOVING AIR TECHNOLOGY)”を現代的なフォルムに落とし込んだ“DMX フュージョン(DMX FUSION)”(1万5000円)を「リーボック クラシック」店舗や公式サイトで発売する。同テクノロジーを初めて搭載した90年代のハイテクスニーカー“DMX ラン 10(DMX RUN 10)”の復刻モデル(1万8000円)も同日に販売する。

 “DMX フュージョン”は、“DMX ラン 10”でアウトソールに搭載していたテクノロジーをミッドソールに施し、アッパーにニット素材を使用した新モデル。アッパーの様々な部分にシューレースを通すことのできる機能を採用し、自分好みのフィッティングができる。

 また2月11日には「パイヤー モス(PYER MOSS)」2018-19年秋冬ニューヨーク・コレクションでコラボモデルの非売品“DMX フュージョン”も初披露した。

あなたにオススメ