ファッション

若手ラッパーのリル・ヨッティ、「リーボック」とパートナーシップを締結か

 今年5月にデビューアルバム「Teenage Emotions」をリリースしたばかりの赤髪の若手ラッパー、リル・ヨッティ(Lil Yachty)が「リーボック(REEBOK)」とのパートナーシップを締結したことを自身のインスタグラムで発表した。「#Family」のハッシュタグと「New addition to Team Reebok. Thank You Reebok, For This Opportunity. I'm More Than Appreciative..(「リーボック」の一員になったよ。こんな機会を与えてくれてありがとう。ただただ感謝しかない)」のコメントとともに、ブランドのTシャツとスニーカー“ワークアウト(WORKOUT)”を着用した写真を投稿。今後、コラボアイテムのリリースが予想されるが、「リーボック」から公式アナウンスはない。

 リル・ヨッティは1996年アトランタ生まれの21歳。本名はマイルズ・パーク・マッカラム(Miles Parks McCollum)で、学生時代に友人たちと組んでいたヨット クラブ(Yacht Club、現在はThe Sailing Team)というチームに最年少で所属していたことから“Little”と“Yacht”をかけた現在のアーティスト名となった。赤髪のドレッドヘアがトレードマークで、ストリートブランド「プレイシズ プラス フェイシズ(PLACES+FACES)でのモデル経験の他、「ノーティカ(NAUTICA)」ではクリエイティブ・ディレクターを務めている。

 「リーボック」は、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やフューチャー(Future)、グッチ・メイン (Gucci Mane)ら現代のヒップホップシーンを代表するアーティストを次々とパートナーに迎えいれており、日本でも世田谷エリアを拠点とするヒップホップ・クルーKANDYTOWNやDOBERMAN INFINITYのSWAYらと協業している。なお、ケンドリック・ラマーは8月に「リーボック」との契約を終了し、ナイキと新たにパートナーシップを締結した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。