ファッション

若手ラッパーのリル・ヨッティ、「リーボック」とパートナーシップを締結か

 今年5月にデビューアルバム「Teenage Emotions」をリリースしたばかりの赤髪の若手ラッパー、リル・ヨッティ(Lil Yachty)が「リーボック(REEBOK)」とのパートナーシップを締結したことを自身のインスタグラムで発表した。「#Family」のハッシュタグと「New addition to Team Reebok. Thank You Reebok, For This Opportunity. I'm More Than Appreciative..(「リーボック」の一員になったよ。こんな機会を与えてくれてありがとう。ただただ感謝しかない)」のコメントとともに、ブランドのTシャツとスニーカー“ワークアウト(WORKOUT)”を着用した写真を投稿。今後、コラボアイテムのリリースが予想されるが、「リーボック」から公式アナウンスはない。

 リル・ヨッティは1996年アトランタ生まれの21歳。本名はマイルズ・パーク・マッカラム(Miles Parks McCollum)で、学生時代に友人たちと組んでいたヨット クラブ(Yacht Club、現在はThe Sailing Team)というチームに最年少で所属していたことから“Little”と“Yacht”をかけた現在のアーティスト名となった。赤髪のドレッドヘアがトレードマークで、ストリートブランド「プレイシズ プラス フェイシズ(PLACES+FACES)でのモデル経験の他、「ノーティカ(NAUTICA)」ではクリエイティブ・ディレクターを務めている。

 「リーボック」は、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やフューチャー(Future)、グッチ・メイン (Gucci Mane)ら現代のヒップホップシーンを代表するアーティストを次々とパートナーに迎えいれており、日本でも世田谷エリアを拠点とするヒップホップ・クルーKANDYTOWNやDOBERMAN INFINITYのSWAYらと協業している。なお、ケンドリック・ラマーは8月に「リーボック」との契約を終了し、ナイキと新たにパートナーシップを締結した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら