ファッション

ケンドリック・ラマーがナイキと新たにパートナーシップを締結 リーボックとの契約は終了か

 ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)は8月26日(現地時間)、自身のツイッターで「Cortez. Since day one(コルテッツ。今日が1日目)」のテキストとともに“ナイキ コルテッツ(NIKE CORTEZ)”を着用した画像を投稿し、新たにナイキとのパートナーシップを締結したことを発表した。

 ケンドリックは、2013年に発表したビッグ・ショーン(BIG SEAN)とジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)との楽曲「Control」で「And I ain't rockin' no more designer shit. White T’s and Nike Cortez, this red Corvette's anonymous(俺はデザイナーブランドなんて着ない。白Tとナイキ コルテッツ、赤いコルベットがあればいい)」とナイキにラブコールを送っており、晴れて実現。すでに今年4月に発表した4枚目の最新アルバム「Damn」のツアーや、27日にカリフォルニアで開催され、最優秀ヒップホップビデオ賞や年間最優秀ビデオなど6つの賞を受賞した第34回「MTVビデオ・ミュージック・アワード(MTV Video Music Awards)」でも“ナイキ コルテッツ”を着用して登場しており、コラボフットウエアの発売も噂されている。

 なお、ケンドリックは14年からリーボック(REEBOK)とパートナーシップを締結。“クラシックレザー(CLASSIC LEATHER)”や“ベンチレーター(VENTILATOR)”など、多くのコラボフットウエアを発表してきたが、今回のナイキとのパートナーシップ締結を機に契約を終了したとみられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。