ファッション

ケンドリック・ラマーがナイキと新たにパートナーシップを締結 リーボックとの契約は終了か

 ラッパーのケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)は8月26日(現地時間)、自身のツイッターで「Cortez. Since day one(コルテッツ。今日が1日目)」のテキストとともに“ナイキ コルテッツ(NIKE CORTEZ)”を着用した画像を投稿し、新たにナイキとのパートナーシップを締結したことを発表した。

 ケンドリックは、2013年に発表したビッグ・ショーン(BIG SEAN)とジェイ・エレクトロニカ(Jay Electronica)との楽曲「Control」で「And I ain't rockin' no more designer shit. White T’s and Nike Cortez, this red Corvette's anonymous(俺はデザイナーブランドなんて着ない。白Tとナイキ コルテッツ、赤いコルベットがあればいい)」とナイキにラブコールを送っており、晴れて実現。すでに今年4月に発表した4枚目の最新アルバム「Damn」のツアーや、27日にカリフォルニアで開催され、最優秀ヒップホップビデオ賞や年間最優秀ビデオなど6つの賞を受賞した第34回「MTVビデオ・ミュージック・アワード(MTV Video Music Awards)」でも“ナイキ コルテッツ”を着用して登場しており、コラボフットウエアの発売も噂されている。

 なお、ケンドリックは14年からリーボック(REEBOK)とパートナーシップを締結。“クラシックレザー(CLASSIC LEATHER)”や“ベンチレーター(VENTILATOR)”など、多くのコラボフットウエアを発表してきたが、今回のナイキとのパートナーシップ締結を機に契約を終了したとみられる。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら