ファッション

「リーボック クラシック」がイラストレーター・Chocomooとのコラボコレクションを発売

 リーボックのカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は11月12日、イラストレーターのChocomoo(チョコムー)とのコラボコレクション“FUTURE NOISE(未来と過去を行き来する音楽)”を発売した。アイコンスニーカー「インスタポンプフューリー」をはじめ、コーチジャケッット、Tシャツ、キャップ、バックパックの全5型。各アイテムの内側にはChocomooによるイラストが描かれているほか、同コレクションのシンボルマークでもあるサークルが随所にデザインされている。価格は4990〜1万9990円。リーボック クラシックストア 原宿やリーボック クラシックストア 広島、オンラインショップなどで購入が可能だ。

 発売前日の11日には、ローンチパーティーを開催した。Chocomoo本人も来場し、会場となったリーボック クラシックストア 原宿の巨大ウィンドウをキャンパスにライブペインティングを披露。また、同コレクションのイメージムービーにも出演しているヒップホップ・クルーのキャンディータウン(KANDYTOWN)に所属する呂布がメーンアクトとして登場し、DJプレイで会場を盛り上げた。

 Chocomooは京都出身の女性イラストレーター。白黒を基調とした作品で注目を集め、自身のインスタグラム(Instagram)のフォロワーは6万人を超える。最近ではFUJIFILM「写ルンです」とのコラボをはじめ、エグザイル(EXILE)のナオト(NAOTO)のプロデュースグッズのデザインなども行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら