ファッション

「リーボック クラシック」がイラストレーター・Chocomooとのコラボコレクションを発売

 リーボックのカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は11月12日、イラストレーターのChocomoo(チョコムー)とのコラボコレクション“FUTURE NOISE(未来と過去を行き来する音楽)”を発売した。アイコンスニーカー「インスタポンプフューリー」をはじめ、コーチジャケッット、Tシャツ、キャップ、バックパックの全5型。各アイテムの内側にはChocomooによるイラストが描かれているほか、同コレクションのシンボルマークでもあるサークルが随所にデザインされている。価格は4990〜1万9990円。リーボック クラシックストア 原宿やリーボック クラシックストア 広島、オンラインショップなどで購入が可能だ。

 発売前日の11日には、ローンチパーティーを開催した。Chocomoo本人も来場し、会場となったリーボック クラシックストア 原宿の巨大ウィンドウをキャンパスにライブペインティングを披露。また、同コレクションのイメージムービーにも出演しているヒップホップ・クルーのキャンディータウン(KANDYTOWN)に所属する呂布がメーンアクトとして登場し、DJプレイで会場を盛り上げた。

 Chocomooは京都出身の女性イラストレーター。白黒を基調とした作品で注目を集め、自身のインスタグラム(Instagram)のフォロワーは6万人を超える。最近ではFUJIFILM「写ルンです」とのコラボをはじめ、エグザイル(EXILE)のナオト(NAOTO)のプロデュースグッズのデザインなども行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら