フォーカス

デビューから1年、KANDYTOWNのメンバーが語る「真剣な“音楽”」

 昨年11月のメジャーデビューアルバム「KANDYTOWN」から1年、今や彼らなしでは東京のシーンは語ることができない存在となった総勢16人のヒップホップ・クルーがKANDYTOWNだ。デビューアルバムは高い評価を受け全国ツアーも成功、メンバーそれぞれがソロアルバムや関連作を発表するなど、クルーとしても個人としても精力的な活動を続けたこの1年を締めくくるように、9月には待望の今年度第1弾作品「Few Colors」をリリースした。昨年の「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」との「Get Light」に続く、「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とのタイアップソングだ。音楽業界だけでなく、ファッション業界からも熱い視線を受ける彼らを代表してDIAN(MC)、Gottz(MC)、Neetz(トラックメーカー・MC)、MIKI(トラックメーカー)の4人に楽曲制作のこだわりやファッション観など話を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):メジャーデビューから1年、周りの反応はどう?

Neetz:俺らのワンマンじゃなくても、ライブでガッツリ盛り上がるようになりましたね。

Gottz:浸透したな、と思います。街なかで声をかけられるようにはなりました(笑)。

DIAN:純粋に自分たちを観にきてくれる人たちは増えましたね、ちょっとだけですけど(笑)。

WWD:気持ちの変化は?

Neetz:真剣に“音楽”を考えるようになりました。結構遊びでやってたのが、ちゃんと考えてやらなきゃなって。

DIAN:アーティストとしての意識は芽生えましたね。

WWD:先日リリースした「ティンバーランド」との楽曲「Few Colors」の苦労やこだわりは?

MIKI:メンバーには他にもトラックメーカーがいるんですけど、「ティンバーランド」の曲を作る話があがった時にすぐNeetzと作ろうと思いました。それで話し合って色々曲を聴いて作ったんですが、曲調やメロディー部分をブランドのイメージに合わせました。俺がイメージする「ティンバーランド」は、明るいサウンドのブランドじゃなくて、落ち着いていて“霧がかかった森”。

Gottz:最初にできたビートはもっとイナタかったよね?

MIKI:そう、わざとイナタい90年代のテイストにしたんです。

Neetz:初めてみんなに聴かせたらMVのディレクションも考えてるIOが「もうちょい最近っぽいのが良い」って言って、みんなも何か違うなって(笑)。それから次の日にはもう作り直しましたね。

WWD:だからPVも“霧がかかった森”が舞台なんですね。

DIAN:そうです。知り合いの別荘を借りて(笑)。

WWD:リリック(歌詞)はMCを担当したGottz、Neetz、DIANそれぞれが?

DIAN:今回、トラックを担当しているNeetzとはやり取りしましたけど、リリックを書く時はあまり他のメンバーとコミュニケーションは取りませんでした。最初は「ティンバーランド」を意識して書いてましたけど、結局自分が書きたいリリックに収まりましたね。

MIKI:ラッパーが他人に書いてもらったら終わりですね。

WWD:トラックとリリックはどっちが先?

MIKI:だいたいトラックが先ですね。

DIAN:そのあと今回はメンバー全員がトラックを聴いて、やりたいメンバーがやりました。

WWD:去年リリースしたアルバム「KANDYTOWN」もそんな感じ?

Gottz:それはMIKIとNeetzの2人とRyohuが大量に曲を持ってきて、その中からメンバーが自分で選んだり、この曲は誰っぽいとかで決めましたね。

MIKI:そのあと、メロウな曲ばかりだと一辺倒だからNeetzともうちょっとアッパーな曲が必要だね、みたいな感じで2人で自然に持ち寄って足して足してって感じです。

Neetz:それぞれが得意なところを担当して、補えないところをお互いが意識して作りましたね。

WWD:ヒップホップのアーティストは普段から「ティンバーランド」を履いているイメージがあります。

DIAN:今日も履いてます(笑)。タイアップの話があがる前からプライベートで何足も持ってました。

MIKI:やっぱり定番の“6インチ”はみんな持ってましたね。