ファッション

「トゥエンティミリオン・フラグメンツ」がメンズ始動 KANDYTOWNのIOをモデルに起用

 
 ガスアズインターフェイスのファッションブランド「トゥエンティミリオン・フラグメンツ(20,000,000 FRAGMENTS)」は2018年春夏、初のメンズウエアをスタートする。ウィメンズ・コレクションと共通して"砂漠"をテーマに、解剖学を学んだ英グラフィックデザイナーのマーカス・ジェームズ(Marcus James)と、英スケートブランド「パレススケートボード(PALACE SKATEBOARDS)」にグラフィックを提供するトビー・エヴァンズ(Toby Evans)がプリントを手掛けた。アイテムはマーカスが描いた砂漠と骨のプリントを施したリバーシブルのブルゾン(3万5000円)と、トビーによる“CALM AND PUNK”のロゴを入れたグラフィックTシャツ(9000円)の2型。“CALM AND PUNK”はガスアズインターフェイスが東京・麻布に構えるアートギャラリーの名前に由来する。今季はメンズのデビューコレクションとして、デリバリーを試験的に早め、従来3月納期を、12月に前倒している。ビジュアルでは、ヒップホップ・クルーのKANDYTOWNのIOをモデルに起用した。

 コラボのグラフィックは、ウィメンズ・コレクションでも取り入れ、ブラウスやスイムウエア、アウターなどに用いた。

 メンズのディレクションは同社のアートブック「ガスブック(GASBOOK)」のコーディネーションやカームアンドパンクギャラリー(CALM & PUNK GALLERY)でキュレーションを担当する安部憲行が務め、ウィメンズは引き続き、葉山明日香が手掛ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら