ファッション

“ラッパーのファッションアイコン化”は当たり前? 2017年はヒップホップがここ10年で最も盛り上がった年に

3:33あたりからドレイクの新曲「Signs」がショーBGMとして使用された

 ラッパーのドレイク(Drake)が新曲「Signs」をキム・ジョーンズ(Kim Jones)手掛ける「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」2017-18年秋冬メンズのショー音楽として発表したことを皮切りに、オーバードーズ(薬物の過剰摂取)でこの世を去った“ラップ界のカート・コバーン”ことリル・ピープ(Lil Peep)がパリコレを歩いたり、ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamr)がナイキ(NIKE)と、リル・ヨッティ(Lil Yachty)が「リーボック(REEBOK)」とパートナーシップを締結したり、トラヴィス・スコット(Travis Scott)は「サンローラン(SAINT LAURENT)」とレコードを発売するなど、2017年はヒップホップとファッションの関係がより深まった1年だった。

 というのも17年は、06年以降でヒップホップのジャンルから最も多くのトップシングルが生まれた年で、数字や結果で見てもここ10年で最も盛り上がった年であった。音楽ストリーミングサービスでみると「サウンドクラウド(Soundcloud)」では、1年間に再生された楽曲TOP50のすべてがヒップホップという結果に。「スポティファイ(Spotify)」においても、最も再生されたアーティストがエド・シーラン(Ed Sheeran)とザ・チェインスモーカーズ(THE CHAINSMOKERS)だった他、ドレイク、ザ・ウィークエンド(The Weeknd)、ケンドリックとブラックミュージシャンの3人がTOP5にランクイン。最も再生されたアルバムTOP5で見ても第1位のエド・シーランの「÷(divide)」を除き、ドレイクの「More Life」、ケンドリックの「DAMN.」、ザ・ウィークエンドの「Starboy」、白人ラッパーのポスト・マローン(Post Malone)の「Stoney」が上位を独占した(日本で最も再生されたアーティストはONE OK ROCK)。

 先日発表された第60回「グラミー賞」候補者も、白人男性アーティストの作品が史上初めて主要4部門にノミネートされず、ジェイ・Z(JAY-Z)やブルーノ・マーズ(Bruno Mars)、チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino)、カリッド・ロビンソン(Khalid Robinson)、リル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)ら多くのブラックミュージシャンが名を連ねた。

 さらに、全米ビルボードシングルチャートで女性ラッパーのカルディ・B(Cardi B)の「Bodak Yellow」が、女性ラッパーのソロ曲として1998年のローリン・ヒル(Lauryn Hill)以来となる1位を獲得したことも勢いを象徴しているだろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら