ニュース

“ラップ界のカート・コバーン” パリコレも歩いた21歳のラッパー、リル・ピープが死去との報道

 1996年生まれのアメリカを代表するラッパー、リル・ピープ(Lil Peep)が21歳の若さで死去したと複数の海外メディアが報じている。報道によると死因は薬物の過剰摂取(オーバードーズ)、または自殺とみられている。8月15日にファーストアルバム「Come Over When You're Sober, Pt. 1」をリリースしたばかりだった。

 リル・ピープはニューヨーク出身で、ヒップホップクルー、ゴス・ボーイ・クリーク(GOTHBOICLIQUE)のメンバー。リル・トレーシー(Lil Tracy)との楽曲「Awful Things」や英ロックバンド、オアシス(Oasis)の代表曲「Wonderwall」をサンプリングした「yesterday」など、エモやグランジの音楽を使用し、ボーカルスタイルとラップを融合。メーンストリームのヒップホップとは一味違う独自のサウンドで“ラップ界のカート・コバーン”と賞賛され、音楽ストリーミングサービス「サウンドクラウド(SoundCloud)」での活動から人気を得たことで“SoundCloudラッパー”とも呼ばれた。

 また、顔を含む全身に入れたタトゥーとスタイリッシュなファッションセンスから、音楽シーンだけでなくファッションシーンでも注目を集め、「ヴィーロン(VLONE)」2018年春夏パリメンズでモデルとしてランウエイを歩いた経験もある。

 リリック(歌詞)には薬物や自殺願望、セックスなどが頻出し、報道前日にはインスタグラムに「When I die You'll love me(俺が死んだらみんな好きになる)」といった意味深なテキストや薬物を摂取する写真などを複数投稿していた。

 突然の報道に、コラボ曲の制作の話があったというDJのマシュメロ(Marshmello)や17歳のインドネシア人ラッパーのリッチ・チガ(Rich Chigga)、白人ラッパーのポスト・マローン(Post Malone)、DJでプロデューサーのディプロ(Diplo)、女優のベラ・ソーン(Bella Thorne)、リッチ・ザ・キッド(Rich the Kid)、メトロ・ブーミン(Metro Boomin)ら生前に親交のあった関係者はSNSに悲しみの声を寄せている。