ファッション

ヌード写真で知られる中国人フォトグラファー、レン・ハンが死去との報道

 中国を代表するフォトグラファー、レン・ハン(任航)が死去したと複数のメディアが報じている。報道によると、30歳の若さで自殺したようだ。

 レン・ハンは1987年中国・吉林省長春市生まれ。北京を拠点に活動し、“性”がタブーとされる中国で友人や若者をモデルにアーティスティックかつ過激なヌード作品を中心に発表。そのため地元中国では、当局に写真展を中止に追い込まれ、逮捕された経験を持つ。また、「グッチ(GUCCI)」や「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」のシューズコレクションのビジュアルをはじめ、中国版「ヌメロ(Numero)」や「ロフィシェル マレーシア(L’OFFICIEL MALAYSIA)」の表紙を撮影するなどファッション写真に精通していたことでも知られる。

 なお、フランスのファッション誌「パープル ファッション マガジン(Purple Fashion magazine)」で撮影した女優・安藤サクラの投稿を最後に同氏のインスタグラムは更新が途切れ、2000件を超える悲しみのコメントが寄せられている。

【関連記事】
■「メゾン キツネ」初のシューズコレクション ビジュアルは中国人フォトグラファー、レン・ハンが撮影

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら