ファッション

ヌード写真で知られる中国人フォトグラファー、レン・ハンが死去との報道

 中国を代表するフォトグラファー、レン・ハン(任航)が死去したと複数のメディアが報じている。報道によると、30歳の若さで自殺したようだ。

 レン・ハンは1987年中国・吉林省長春市生まれ。北京を拠点に活動し、“性”がタブーとされる中国で友人や若者をモデルにアーティスティックかつ過激なヌード作品を中心に発表。そのため地元中国では、当局に写真展を中止に追い込まれ、逮捕された経験を持つ。また、「グッチ(GUCCI)」や「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」のシューズコレクションのビジュアルをはじめ、中国版「ヌメロ(Numero)」や「ロフィシェル マレーシア(L’OFFICIEL MALAYSIA)」の表紙を撮影するなどファッション写真に精通していたことでも知られる。

 なお、フランスのファッション誌「パープル ファッション マガジン(Purple Fashion magazine)」で撮影した女優・安藤サクラの投稿を最後に同氏のインスタグラムは更新が途切れ、2000件を超える悲しみのコメントが寄せられている。

【関連記事】
■「メゾン キツネ」初のシューズコレクション ビジュアルは中国人フォトグラファー、レン・ハンが撮影

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら