ファッション

ヴァージル主宰アート展「エン プティ・ギャラリー」のオープニングパーティー

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF WHITE c/o VIRGIL ABLOH、以下オフ-ホワイト)」が6月22日、ピッティ・イマージネ・ウオモで発表したコレクションの展示会も兼ねたアート展「エン プティ・ギャラリー(EM PTY Gallery)」のオープニングパーティーをパリ18区、旧「ラフ・シモンズ(Raf Simons)」ショールームで開催した。

 オープニングパーティーには、プロバスケットボール選手のシャバズ・ムハンマド(Shabazz Muhammad)、サージ・イバーカ(Serge Ibaka)を始め、同じくプロバスケットボール選手のドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)とその妻で女優のガブリエル・ユニオン(Gabrielle Union)、さらに、ラッパーのリース・ラフレア(Reese Laflare)、リル・ピープ(Lil Peep)、また、トレメーヌ・エモリー(Tremaine Emory)「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」アシスタントディレクターらが来場した。

 「エン プティ・ギャラリー」では“ゴーストディレクター”と呼ばれる、ミラノに拠点を置く写真家のピョートル・ニエプスユ(Piotr Niepsuj)がキュレーターを務め、コレクションとともにアップカミングな写真家やアーティストの作品を展示している。

 また、ヴァージルは次回の「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカーにサインをして会場を盛り上げた。なお、コラボスニーカーの発売日は明らかになっていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら