ファッション

ヴァージル主宰アート展「エン プティ・ギャラリー」のオープニングパーティー

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF WHITE c/o VIRGIL ABLOH、以下オフ-ホワイト)」が6月22日、ピッティ・イマージネ・ウオモで発表したコレクションの展示会も兼ねたアート展「エン プティ・ギャラリー(EM PTY Gallery)」のオープニングパーティーをパリ18区、旧「ラフ・シモンズ(Raf Simons)」ショールームで開催した。

 オープニングパーティーには、プロバスケットボール選手のシャバズ・ムハンマド(Shabazz Muhammad)、サージ・イバーカ(Serge Ibaka)を始め、同じくプロバスケットボール選手のドウェイン・ウェイド(Dwyane Wade)とその妻で女優のガブリエル・ユニオン(Gabrielle Union)、さらに、ラッパーのリース・ラフレア(Reese Laflare)、リル・ピープ(Lil Peep)、また、トレメーヌ・エモリー(Tremaine Emory)「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」アシスタントディレクターらが来場した。

 「エン プティ・ギャラリー」では“ゴーストディレクター”と呼ばれる、ミラノに拠点を置く写真家のピョートル・ニエプスユ(Piotr Niepsuj)がキュレーターを務め、コレクションとともにアップカミングな写真家やアーティストの作品を展示している。

 また、ヴァージルは次回の「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカーにサインをして会場を盛り上げた。なお、コラボスニーカーの発売日は明らかになっていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら