ファッション

「オフ-ホワイト」来場者もヒールにテーラードジャケット ストリートからエレガントに変化!?

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」が2020-21年秋冬コレクションのショーをパリのベルシー・アリーナで行った。前シーズンの20年春夏コレクションでは、開催地がパリ中心街だったこともあって多くのストリートキッズが会場に詰めかけていたが、パリの中心から少し離れた今回は彼らの数はやや減り、混乱も少なかったようだ。

 来場者の服装は、ハイヒールにワンピースやテーラードジャケット、ミニスカートなど、特に女性がストリートファッションよりもエレガントに傾いた印象だ。彼女たちが着用しているアイテムの多くは「オフ-ホワイト」の過去のコレクションなので、「オフ-ホワイト」の近年のコレクション自体がエレガントに寄ってきていることももちろん影響しているだろう。

 ネットフリックス(NETFLIX)ドラマ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー(Chilling Adventures of Sabrina)」に出演中のラックラン・ワトソン(Lachlan Watson)は、グレーの「オフ-ホワイト」のストリングスが付いたドレスに合わせて、シルバーの変形ヒールブーツとジュエリーをセレクト。赤のバッグをポイントにした。モデルのジョージア・ファウラー(Georgia Fowler)はオレンジのセットアップスーツに「オフ-ホワイト」のスポーティーなヒールを合わせた。マドモワゼル・ユリアは裾がピンクのグラデーションになったワンピースとピンクのバッグに合わせて、アウターとグラフィックが利いたブーツを選んだ。

 日本からはほかに秋元梢、高橋ララ、Una、MATCHAらが来場した。会場をひときわにぎわせたセレブリティーは、ラッパーのタイガ(Tyga)。会場を出ると同時にどよめきが起き、なんとかその姿を写真に収めようとするスナップハンターたちも引き連れて会場を後にした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら