ファッション

2017年ボジョレー解禁 尾上松也流の楽しみ方は?

 毎年11月第3週木曜日に解禁されるボジョレー・ヌーヴォーが今年は11月16日に解禁した。フランスのボジョレワイン委員会(Inter Beaujolais)は、日本で初めての「ボジョレ祭り(Beaujolais Matsuri)」を18日まで、表参道のコミューンセカンド(COMMUNE 2nd)で開催している。

 「ボジョレ祭り」では、ボジョレ・ヌーヴォー(一杯300円)とボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー(同400円)を提供するポップ・アップ・バーをオープンする他、施設内の屋台ではシーフードやタイ料理、ドイツ料理、ビーガン料理から和食までのフードが楽しめる。また17、18日にはHAPPYFATによるDJプレイ、18日にはchelmicoによるライブが行われる予定だ。

 開催当日のオープニングセレモニーには、歌舞伎俳優の尾上松也とフランスから来日したボジョレワイン委員会のジャン=マルコ・ラフォン(Jean-Marc Lafont)会長が登壇。今年のボジョレー・ヌーヴォーについてラフォン会長は、「今年のボージョレ地区は全体的に乾燥していたが、夏は酷暑、冬は霧でぶどうにとって過酷な年だった。甘みが強まったが、収穫前の雨でみずみずしさが増し、バランスのいい味わいになった」という。

 スイーツ好きで知られる尾上は、「休みなく歌舞伎の舞台に立っているので、季節の感覚がわからなくなってしまうが、“ボジョレー・ヌーヴォー”と聞くと秋を感じる。チーズケーキなどスイーツとの合わせて飲みたい」と言い、今年のボジョレー・ヌーヴォーを味わった。

■ボジョレ祭り
日程:11月16〜18日
時間:木曜日 12:00~21:00 / 金・土曜日 11:00~21:00
場所:コミューン セカンド
住所:東京都港区南青山3-13
入場料:入場無料(グラスワイン販売)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら