ファッション

“エア フォース 1”の誕生35周年を記念したコラボプロジェクト「AF-100」が始動

 ナイキ(NIKE)が、ブランドを代表するスニーカー“エア フォース 1(AIR FORCE 1)”の誕生35周年を記念し、世界中のアーティストとコラボするプロジェクト「AF-100」を発表した。今回コラボするのは、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」を手掛けるヴァージル・アブロー、ジェイ・ジー(Jay Z)らとともに「ロッカフェラ・レコード(Roc-A-Fella Records)」を創立したカリーム・バーク(Kareem Burke)、ラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)、カニエ・ウェスト(Kanye West)の元マネジャーで「ジャスト ドン(JUST DON)」のディレクターのドン・クロウリー(Don Crawlay)ことドン C(Don C)、「アクロニム(ACRONYM)」のエロルソン・ヒュー(Errolson Hugh)=デザイナーの5人だ。

 ナイキ スポーツウェア シニアクリエイティブ・ディレクターのアル・バイク(Al Baik)は、「“エア フォース 1”は、スポーツ、音楽、ファッション、アートの全てと密接な関係にある普遍的なスニーカー。コラボレーターは、未来の世代にも影響を与える5人。定番のホワイトモデルを見つめ直し、クラシックさを失わず、それぞれのコラボレーターの分野を代表するようなモデルにデザインしてもらった」と5人を招へいした理由を話す。

“’07 OFF-WHITE” by Virgil Abloh

 世界を賑わせる「THE TEN」をはじめ、これまでに3モデルの“エア フォース 1”を発表してきたヴァージル。今回は「全くの別物にならないようにデザインした」とコメントするように、スウッシュをシルバーにアップデートし、アッパーのサイドに“Off-White for NIKE “NIKE AIR FORCE 1” Beaverton, Oregon USA c. 1982”のテキストを配したこれまでで1番シンプルなモデルに。先日、「レアル・マドリードCF(REAL MADRID CF)」に所属するポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)が着用し話題にもなった。価格は2万円だが、日本では残念ながら発売しない。

“’07 ROC-A-FELLA” by Kareem Burke

 04年に発売された「ロッカフェラ・レコード」 × ナイキの伝説の“エア フォース 1”を彷彿とさせる“’07 ROC-A-FELLA”。「『ロッカフェラ・レコード』といえばロゴ、スニーカーといえば“エア フォース 1”。ヒール部分にあしらったロゴは、単なるシンボルとしてではなく、われわれの信念も込めている。ロゴをつけるということは、お互いに誠実な関係や友情を意味する、仲間なんだ」とカリーム。価格は1万8000円で、11月30日から公式オンランストアと一部店舗で取り扱う。

“HIGH JUST DON” by Don C

 内側に“エア フォース 2”、ヒールに“エア フォース 3”の要素を取り入れた“HIGH JUST DON”。ゴールドのあしらいのベルトが特徴的な「AF-100」では唯一となるハイカットモデルのデザインは、バスケットボールが好きだというドン Cならでは。「俺にとって“エア フォース 1”は、すべての始まりのスニーカー。シルエットを維持しながら、代々受け継いでいくことの大切さをみんなに伝えたかった」。価格は2万円で、12月1日から公式オンランストアと一部店舗で取り扱う。

“LUNAR FORCE 1 / ACRONYM ’17” by Errolson Hugh

 「ナイキラボ ACG(NIKELAB ACG)」も手掛けるエロルソンは、アッパーにファスナーを採用。「このコラボレーションをやる理由は何か、ナイキがまだ知らないデザインを提供できるかを考えた」と話し、シンプルかつ斬新なデザインにアルは、「機能的かつ、デザインの新たな境地」と絶賛。価格は2万4000円で、12月2日から公式オンランストアと一部店舗で取り扱う。

“LOW TRAVIS SCOTT” by Travis Scott

 「アルバムを作る時と同じようにデザインした。この1足で俺のことがわかるよ」。

 “LOW TRAVIS SCOTT”は、トラヴィスのグリルをイメージしたデュブレ(シューレースチャーム)、自身のレーベル「カクタス・ジャック・レコード(Cactus Jack Records)」のロゴパッチ、着脱可能な3つのスウッシュがセットになっており、好みのモデルにカスタマイズできる。また、アッパーの縁に反射素材を用いることでホワイト以外の色を表現。すでにトラヴィス本人のインスタグラムでは、実際に着用した姿をたびたび投稿している。価格は1万6000円で、12月3日から公式オンランストアと一部店舗で取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら