ファッション

ラッパーのドレイク、新曲を「ルイ・ヴィトン」のショーで披露

 ラッパーのドレイク(Drake)が今年3月にリリースしたアルバム「More Life」後初となる新曲「signs」をリリースする。6月22日にパリで行われた「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2018年春夏メンズ・コレクションのショー会場で初公開された。

 「ルイ・ヴィトン」のキム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ・アーティスティック・ディレクターが自身のインスタグラムにショー前日に投稿し、同楽曲の公開を予告。キムの投稿によれば同楽曲は「ルイ・ヴィトン」の18年春夏コレクションにインスパイアされたものだという。現在、同ブランドの公式サイト上で公開されているコレクション動画で楽曲が視聴可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら