ファッション

ラッパーのドレイク、新曲を「ルイ・ヴィトン」のショーで披露

 ラッパーのドレイク(Drake)が今年3月にリリースしたアルバム「More Life」後初となる新曲「signs」をリリースする。6月22日にパリで行われた「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の2018年春夏メンズ・コレクションのショー会場で初公開された。

 「ルイ・ヴィトン」のキム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ・アーティスティック・ディレクターが自身のインスタグラムにショー前日に投稿し、同楽曲の公開を予告。キムの投稿によれば同楽曲は「ルイ・ヴィトン」の18年春夏コレクションにインスパイアされたものだという。現在、同ブランドの公式サイト上で公開されているコレクション動画で楽曲が視聴可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら