ファッション

「リーボック」が渋谷で挑む新業態 時代に合わせた“多様性”ショップ

 「リーボック(REEBOK)」は13日、東京・渋谷に14日に開く「リーボックストア 渋谷」をメディア関係者に公開した。同店はファッションカテゴリーの「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC以下、クラシック)」とパフォーマンスカテゴリーを融合した新業態の、世界で3店目となる路面店だ。

 売り場は1、2階で店舗面積は263平方メートル。1階は月ごとに入れ替わる注力商品をメインにディスプレーし、壁面に並ぶシューズは「クラシック」が中心。メンズのトレーニングウエアも一部並べるが、ファッション色が強いフロアとなる。2階にはパフォーマンスカテゴリーのウエアやシューズを多数そろえ、キッズ商品も取り扱う。

 商品構成は『クラシック』とパフォーマンスを半々の割合でセレクトし、フロアによってそれぞれのカテゴリー色が強いMDでスタートするものの「今後は状況を見て変える可能性もある」と山縣亜己リーボック シニアディレクター。新業態を立ち上げた目的については「TPOによって店を選んでいた昔とは異なり、今はスポーツウエアもファッションとして着るのが当たり前。メーカーがカテゴリーを消費者に指定する時代ではない。ファッションを入り口に、多くの人にフィットネスに興味を持ってもらいたい」と述べた。さらに「渋谷はさまざまなカルチャーがクロスするダイバーシティーの街。新業態の方向性に合っていた」と続けた。商品カテゴリーに加えてECと実店舗をつなぐ取り組みも積極的に行うといい、時代とともに変化する消費動向に合わせて“多様性”に挑む店舗となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら