ビジネス

リーボックの新グローバル・クリエイティブ・ディレクターはナイキ出身

 リーボック(REEBOK)の新グローバル・クリエイティブ・ディレクターに、カレン・ルーサー(Karen Reuther)元ナイキ(NIKE)グローバル・クリエイティブ・ディレクターが就任した。2018年初めに就任からわずか1年半で退任したトーマス・スタインブルック(Thomas Steinbruck)前クリエイティブ・ディレクターの後任だ。ルーサー新グローバル・クリエイティブ・ディレクターは、リーボックの全てのブランドにおけるデザインおよび顧客と関わるクリエイティブを統括していく。

 ルーサー新グローバル・クリエイティブ・ディレクターは、ナイキのグローバル・クリエイティブ・ディレクターとしてフットウエア、アパレル、スポーツ用品のグローバルデザイン戦略を担うなど、12年にわたり同社に勤務した。直近では、ボストンを拠点とするコンサルティング企業、キャスト コレクティブ(CAST COLLECTIVE)でクリエイティブ・ディレクター兼ブランド・サイコロジストとして「プーマ(PUMA)」「ヴァンズ(VANS)」「ティンバーランド(TIMBERLAND)」などのクライアントを抱えていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら