ニュース

「リーボック」が「ガーブストア」デザイナーのイアン・ペイリーとコラボ “ジグ”をベースに製作

 「リーボック(REEBOK)」は11月8日、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボシューズ“ジグキネティカ コンセプトタイプ1(ZIGKINETICA CONCEPT TYPE 1)”を発売する。価格は1万8000円で、サイズは22.5〜30.0、31.0cmのユニセックス展開となる。「リーボック」公式オンラインストア、「リーボックストア 渋谷」などで取り扱う。

 ペイリーは「ポール・スミス(PAUL SMITH)」のシニアデザイナーとしてデザインを学び、1998年に、英・ロンドンで自身のブランド「ワントゥルーサクソン(ONE TRUE SAXON)」を設立。その後、2007年にブランド「ガーブストア」を設立し、08年にロンドンに旗艦店をオープン。ブランドテーマに、“真の価値・ルーツ・そして耳を傾けるべき教訓”を掲げている。

 コラボシューズは新作モデル第1弾で、09年に誕生した“ジグ(ZIG)”をベースに、アッパーにフィット感を調節できるバンドと、通気性を高めるためのメッシュを施した。ブラックとホワイトのカラーリングのシューズと、パープルやグリーンなどマルチなカラーリングのシューズ2型となる。また12月4日には、ブラックとホワイトをそれぞれ基調とした2型を発売する。

 ペイリーは「『リーボック』からコラボの打診を受けた時点で、採用するテクノロジーは決定していた。だからこそ、複雑なカラーパレットを駆使することに徹底的にこだわった。私はシューズの取り外し可能なパーツが好きなので、購入者が個性を表現できるようなモデルを作りたいと考えた」とコメントしている。