ファッション

「リーボック」が「ガーブストア」デザイナーのイアン・ペイリーとコラボ “ジグ”をベースに製作

 「リーボック(REEBOK)」は11月8日、英ブランド「ガーブストア(GARBSTORE)」創設者兼デザイナーのイアン・ペイリー(Ian Paley)とのコラボシューズ“ジグキネティカ コンセプトタイプ1(ZIGKINETICA CONCEPT TYPE 1)”を発売する。価格は1万8000円で、サイズは22.5〜30.0、31.0cmのユニセックス展開となる。「リーボック」公式オンラインストア、「リーボックストア 渋谷」などで取り扱う。

 ペイリーは「ポール・スミス(PAUL SMITH)」のシニアデザイナーとしてデザインを学び、1998年に、英・ロンドンで自身のブランド「ワントゥルーサクソン(ONE TRUE SAXON)」を設立。その後、2007年にブランド「ガーブストア」を設立し、08年にロンドンに旗艦店をオープン。ブランドテーマに、“真の価値・ルーツ・そして耳を傾けるべき教訓”を掲げている。

 コラボシューズは新作モデル第1弾で、09年に誕生した“ジグ(ZIG)”をベースに、アッパーにフィット感を調節できるバンドと、通気性を高めるためのメッシュを施した。ブラックとホワイトのカラーリングのシューズと、パープルやグリーンなどマルチなカラーリングのシューズ2型となる。また12月4日には、ブラックとホワイトをそれぞれ基調とした2型を発売する。

 ペイリーは「『リーボック』からコラボの打診を受けた時点で、採用するテクノロジーは決定していた。だからこそ、複雑なカラーパレットを駆使することに徹底的にこだわった。私はシューズの取り外し可能なパーツが好きなので、購入者が個性を表現できるようなモデルを作りたいと考えた」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら