ファッション

「ミズノ」がパリ発ストリートブランド「フューチャー」とコラボ 「カゾク」プロジェクトの第16弾

 「ミズノ(MIZUNO)」は、国内外のブランドやセレクトショップとコラボレーションするスニーカープロジェクト「カゾク(KAZOKU)」の第16弾として、パリを拠点とするストリートブランド「フューチャー(FUTUR)」を迎えたモデル“ウエーブ エンペラー F(WAVE EMPEROR F)”を6月1日に発売する。価格は1万9000円で、サイズ展開は26.0〜29.0、30.0cm。ミズノオオサカ茶屋町をはじめ、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)の「モンキータイム(MONKEY TIME)」新宿店と大阪店、エイチ ビューティ&ユース(H BEAUTY&YOUTH)、ミタスニーカーズ(mita sneakers)、グラフペーパー(Graphpaper)などで取り扱う。

 「ミズノ」が長年改良を続けてきたラスト(足型)を用いることで優れたフィット感を実現したランニングシューズ“ウエーブ エンペラー”をベースに、ミッドソールにクッション性の高い独自素材「ユーフォリック(U4IC)」を使用し、ソール内にはクッション性と安定性を高める波型のプレート「ミズノ ウエーブ(MIZUNO WAVE)」を内蔵。さらに、アウトソールを通常のラバーソールよりも耐摩耗性が高い「エックステン(X10)」にすることで、ライフスタイルシューズながらパフォーマンスシューズにも引けを取らない機能性を備えた。

 カラーは、「フューチャー」らしい落ち着いた色味のブルーとシンプルなホワイトの2色を用意し、カラーによってアッパーを構成する素材を変更した。ブルーはフルグレインレザー × オープンメッシュ × スエード、ホワイトはピッグスキンヌバック × スエード × サテンを組み合わせ、どちらも裏地はピッグスキンで、シュータンには“FUTUR”の文字がさりげなく刺しゅうされている。

 なお「モンキータイム」原宿店では、発売に先駆け5月25日から6月7日までポップアップストアをオープンし、スニーカーに加えて同店限定のアパレルコレクション(メンズ6型、ウィメンズ3型)も販売する。

 スニーカープロジェクト「カゾク」は2018年にスタート。ブランドがスポーツシーンで培った技術をファッションと融合し、1980年代のモデルを素材やカラーリングを変更することで現代風へとアップデートしている。同プロジェクトには日本からビームス(BEAMS)やミタスニーカーズなどが参加し、オランダのパタ(PATTA)や、ドイツ・デュッセルドルフのスニーカーショップAFEWなどが名を連ねている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら