ファッション

バーニーズ ニューヨーク2019-20年秋冬 女性が自分のパワーを表現するための“勝負服”

バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)は2019-20年秋冬、“女性のパワースタイル”を提案する。「女性のパワーを表現する場が増えているけれど、そこで着る服のバリエーションが少ない。女性のパワーや本気度を表現するための服をそろえた」と鈴木春ウィメンズファッションディレクターは言う。また、「ここ最近ドレスダウンなど着崩すスタイルが続いていたが、今シーズンはタイドアップするスタイルが新鮮」と続ける。

強化するのは、セットアップだ。昨年に比べると買い付け額を10%程度増やした。テーラードジャケットとトラウザーといったセットアップはもちろん、ジャケットとドレス、シャツとパンツ、ニットのセットアップなど幅広くそろえる。また、それに合わせてアームホールがゆったりとしたコートやケープも用意する。

アウターは、ブルゾンよりもコート。「アウターの買い始めの時期がどんどん遅くなっており、セール待ちのお客さまもいる。今年は、ファーアイテムを減らし、着丈が短めで早い段階から着られるコートを充実させた」。

毎シーズン、売り上げ構成比30%を占めるワンピースは、オケージョン対応のドレスから、カジュアルなボヘミアン調のプリントワンピースまで幅広くそろえる。また、ドレスアイテムとしてのジャンプスーツも強化する。

ジャンプスーツの注目ブランドは新規導入した米「ロシャ(ROCHA)」だ。鈴木ディレクターは「セレクトショップの元オーナーが立ち上げたブランドで、どういうものが求められていて、妥当なプライスポイントはどこかなど、ポイント熟知している」という。価格は5万5000円程度。買い付け時には縦と横のサイズが選べ、購入後に裾上げなどの必要がないような日本人に合うサイズ感で並べる。「ゆったりめが好きなどの要望に応えている点も、これまであるようでなかった」。

デザイナーとコラボレーションライン“バーニーズ ニューヨーク ハイ-ライン コレクション(BARNEYS NEW YORK HIGH-LINE COLLECTION)”は、ミラノ・ファッション・ウイークで話題になった「ハルノブムラタ(HARUNOBUMURATA)」と取り組む。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら