ファッション

「バーニーズ ニューヨーク」2019年春夏導入の新ブランドは欧米に加え韓国からも

 「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」の2019年春夏は、初セレクトブランドが目白押しだ。アパレルの23ブランドをはじめ、バッグやシューズ、ジュエリーまで初お目見えブランドが並ぶ。今回、中でも注目のブランドを紹介する。

 ファッションの新導入ブランドは、ニューヨーク・ファッション・ウイークでも注目を集めたオーストラリアブランド「ジマーマン(ZIMMERMANN)」(ワンピース9万7000円など)や、オールインワンやワンショルダーのドレスなどを展開するLAブランド「シャイナ モート(SHINA MOTE)」(ドレス7万8000円など)、タイムレスなクラフトマンシップで仕上げたロマンチックなコレクションが特徴のノルウェーブランド「バイ ティモ(BY TIMO)」(オールインワン5万9000円など)、2017年スタートの韓国ブランド「ザ ルーム(THE LOOM)」(3万円台)。その他、米国発のTシャツブランド「モノグラム(MONOGRAM)」や、コンパクトなTシャツコレクションがそろうLAブランド「プリティーズ(PRETTIE’S)」、LA発「ジューシークチュール(JUICY COUTURE)」のデザイナーによる新ブランド「パム&ゲラ(PAM & GELA)」など。

 ジュエリーはボリューム感のあるアイテムが引き続きトレンドとして君臨。新しいセレクトブランドは、スワロフスキー使いの大ぶりでエッジーなデザインが特徴のイタリア発「エレンコンド(ELLEN CONDE)」(3万円台)や、こちらもスワロフスキーをふんだんに使用するが値ごろ感のあるフランスブランド「エレナ ズベルディア(HELENE ZUBELDIA)」(1万〜3万円台)などだ。

 バッグやシューズは、メタリックやトランスペアレント、ネオンカラー、パイソンが共通のキーワード。バッグの新規導入は、遊び心あるカラフルなPVC素材が注目の日本発「ナナナナ(NANA–NANA)」や、リアルパイソンのショッパーバッグが有名なマイアミ発「ゲラーレ ミズラヒ(GELAREH MIZRAHI)」など、シューズではロンドン発老舗ブランド「マローン スリアーズ(MALONE SOULIERS)」、「アディダス(ADIDAS)」出身のデザイナーが手がける米国ブランド「ブランドブラック(BRANDBLACK)」などだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら