ファッション

「バーニーズ ニューヨーク」19年春夏はどんな女性にも似合うファッション提案

 「バーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)」の2019年春夏は、ドレスやスカートを中心に、どんな女性にも似合い、心地よく着られる“すべての女性のための”ファッションを提案する。トレンドキーワードは花柄やレースがノスタルジックなボーホースタイル、グランジ、90年代、スポーツなどにフォーカス。

 アイテムは注力するドレスを多くそろえ、今季はセレクトだけでなくオリジナルでも展開するオールインワンをイチ押しにする。カラーはホワイト、ベージュを中心にペールトーンからネオンカラーまで、ピンクやレッド、イエローを差す。

 セレクトは、これまで導入していなかったブランドに注力し今季は初登場23ブランドをそろえる。ニューヨーク・ファッション・ウイークで注目を集めたオーストラリアブランド「ジマーマン(ZIMMERMANN)」や、ロサンゼルスブランド「シャイナ モート(SHINA MOTE)」、ノルウェー発「バイ ティモ(BY TIMO)」など。ジュエリーではイタリアブランド「エレンコンド(ELLEN CONDE)」やフランス発「エレナ ズベルディア(HELENE ZUBELDIA)」など。バッグでは日本発「ナナナナ(NANA-NANA)」など、シューズではロンドン発老舗ブランド「マローン スリアーズ(MALONE SOULIERS)」などが初展開となる。

 オリジナルは今季も“ハイクオリティー”“ハイテクノロジー”“ハイファッション”を追求。シルク100%のハイゲージカーディガンやトップス(3万円台)や手洗いできるレザーを採用したアウターや、セミフォーマルにも対応可能な、布帛風のジャージーセットアップ(2万円台)などをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら