ニュース

エストネーションの2019年春夏 サンドベージュで描く野生的な強さと都会的なグラムール

 「キーカラーは乾いた砂のサンドベージュで、大地のグラデーション。プリミティブな感性と優雅なたたずまいが同居するスタイルを提案する」と、藤井かんなウィメンズ・ディレクター。ベージュからブラウン、そして白をキーカラーにリネン、カットワークレースを用いたアイテムが多く並んだ。柄は、イレギュラーなストライプやドット、花やジャングル系、レパードで野生性と都会性を描き出す。

 「久しぶりにベージュからブラウンの色と、リネン素材を新鮮に提案したかった。ナチュラル過ぎない、リラックスし過ぎない、あくまで都会的なアプローチで洗練されたリアルクローズをそろえる」と藤井ディレクターは言う。

 目を引いたのはカジュアルから仕事着まで幅広く並んだジャケットスタイルで、特にきれいな黄色のセットアップが印象的。柄は、多彩なストライプを強化する。モノトーン、カラー系、マルチ、バイアスのものなどがそろう。レパード柄は、オープンカラーのシャツやスカートから、バッグ&シューズといった雑貨まで幅広い。夏に欠かせないワンピースやスカートは、ドラマチックなラッフルディテールや、ボリュームスリーブがポイントだ。柄は花やリーフモチーフ、ジャングル系プリントがそろう。

 スポーツ要素はシーズン前半に、テクニカル素材のフーディーアウターやドレストレンチコートなどで提案する。ヘルシーさをアピールするアイテムも豊富で、肩や背中を程よく見せるタンクトップやブラウスを用意する。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら