ファッション

インターナショナルギャラリー ビームスの2019年春夏 ドライタッチのリネンやコットンのドレスがズラリ

 インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)の2019年春夏は、サマードレスを多くそろえた。日に焼けて褪せたような色や、フィルムで撮影したような柔らかい色やアースカラー、素材はリネンやコットンといった天然素材でドライタッチのものが多い。丈はくるぶし丈からマキシ丈のゆったりとしたシルエットだが、ギャザーやベルトでウエストをマークしたやや緊張感があるスタイルを提案する。トレンドのアースカラーに加え、ピンク、赤、青、グリーンといった鮮やかな色を差した。片桐恵利佳ディレクターは「心地よいリラックス感と緊張感が共存している点がポイント」と言い、「都会に降り注ぐ太陽の下で映える服を選んだ」と続ける。

 イチ推しブランドは「これまでと異なるフェミニンなアプローチをした『アキラ ナカ(AKIRA NAKA)』」と片桐ディレクター。ビビッドな赤のリネンドレスや、リネンのように見える化繊のドレスなどを買い付けた。また、英国の「レジーナ ピョウ(REJINA PYO)」は「アフリカの写真集からイメージを広げたという牧歌的でビンテージ風なムードがよかった」と、ビンテージ風の色褪せたチェックやストライプ柄のドレスをそろえた。また日本の「ポステレガント(POSTELEGANT)」は、「素材開発から手掛け、モノの本質を知る大人の女性に向けての提案がいい」という。1970年代のアメリカのリゾートの写真集からインスパイアされたという同ブランドの今シーズンは、ペールピンクのセットアップなどを買い付けた。

 雑貨はトルコの「メヘリー・ムー(MEHRY MU)」を絶賛する。「伝統的な技巧を用いて、トルコの職人がすべて手作業で作っている」と話す。価格はかっちりとしたハンドバッグが6万~8万円程度。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら