ニュース

エストネーション2019-20年秋冬トレンド 今年らしさはボウタイとペイズリー柄で

エストネーション(ESTNATION)のウィメンズ2019-20年秋冬は、コートに移るまでのアウターを充実させる。「去年はバリエーションも量も足りなかった」(広報担当者)ことを受けてジャケットやカーディガン、レザージャケット、きれいめブルゾン、ジャケットとシャツの間のような厚みの“シャケット”など着丈、色、柄をさまざまに並べ、型数は2倍以上を用意する。特にジャケットはシルエットも素材もバリエーション豊富だ。「ジャケットを“ニューアウター”としてコートの前の羽織り物として提案する」と、藤井かんなウィメンズディレクターは言う。加えて、リアルレザーから人工レザーまでレザーアウターを強化する。人気のダウンジャケットも引き続きそろえる。

ニットの動き出しが遅いと予測して、カットソーやシャツ、ブラウスも幅広く打ち出す。「ボウタイやスカーフなど首回りの装飾が今年らしさにつながる」と藤井ディレクター。とはいえ、「温度調節ができるようなニットのレイヤードスタイルを提案する。着脱しやすいものや、コットンからウールまで糸の種類も豊富にそろえる」ということで、ニットは前年比30~40%増の売り上げを計画する。ハイゲージニットの変形アンサンブルや、トップスとパンツ、ワンピースとレギンス、トップスとカーディガン、Vネックトップスとストールなど幅広くそろえる。

シーズン全体としては「“ノマディック”をテーマに、70年代や80年代のムーブメントや多様性を表現するアイテムをそろえた」と藤井ディレクター。カラーパレットはベージュからブラウンを主軸に、イエロー、テラコッタ、ロイヤルブルー、ピスタチオグリーンなど。柄は人気が継続しているチェックやアニマルに加えてペイズリーを用意すし、チェック × ペイズリーといった柄の掛け合わせを提案する。

2019-20年秋冬トレンドをもっと見る

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら