ファッション

8セレクトショップが打ち出す2019年春夏リアルトレンド

 初売りやセールが落ち着くと、店頭のアイテムも徐々に春物へシフトし始める。昨年の12月上旬まで行われた各セレクトショップの展示会では、2018年の傾向に見る鮮やかなカラーバリエーションから、19年春夏はホワイトやベージュなどを中心に乾いたようなカラー展開が多い印象。シャーベットカラーなど春の定番色も加わり、ドレスやセットアップなど幅広いアイテムがそろう。8つのセレクトショップから、2019年春のトレンドを総括する。

 エストネーションは、都会的なアプローチで
洗練されたリアルクローズを提案

 エストネーション(ESTNATION)の展示会には、ベージュからブラウン、そして白をキーカラーにリネン、カットワークレースを用いたアイテムが多く並んだ。「キーカラーは乾いた砂のサンドベージュで、大地のグラデーション。プリミティブな感性と優雅なたたずまいが同居するスタイルを提案する」と、藤井かんなウィメンズ・ディレクター。柄は、イレギュラーなストライプやドット、花やジャングル系、レパードで野生性と都会性を描き出す。

「ユナイテッドアローズ」の2019年春夏のテーマは“トウキョウ デザート”

 「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」は、東京に砂漠があったらというイメージでベージュからブラウンのグラデーションでコーディネート提案をする。乾いたような素材感を中心に、モロッコ風のプリント使いや褪せたようなピンクやターコイズブルーをアクセントに、砂漠が広がる国で見られるようなカラーバリエーションが特徴だ。

イエナはリネンが鍵 色はベージュと白を提案

 イエナ(IENA)の2019年春夏はベージュと白をベースカラーに、モスグリーンとイエローをキーカラーにラインアップした。素材はリネンがイチ推しで、羽織りやすいジャケットやアウターなどに加え、肌見えする女性らしいワンピースやオーバーサイズのオールインワンなどをそろえる。その他、フェミニンなレースも多く、透けるトップスが目を引く。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら