ファッション

ドゥーズィエム クラスの2019年春夏 サンドベージュで描くカリフォルニアの大人女性 ハイ&ローがポイント

 ドゥーズィエム クラス(DEUXEME CLASSE)の2019年春夏はサンドベージュのグラデーションが目を引く。「イメージはカリフォルニアに住む大人の女性。どういう仕事をしてどういう生活をしているかを想像しながら構成した。ハイ&ローのコーディネートで肩の力が抜けたスタイルを提案したい」と松原未央バイヤーは言う。1枚で様になるような張りのあるパリっとしたシャツにはニットパンツとビーチサンダルを合わせた。「小物を替えればビーチにも行けるようなスタイリングが特徴だ」と松原バイヤー。厚底サンダルやミュール、ストラップサンダルなども用意するが、フラットシューズのバリエーションが豊富だ。

 スタイリングのポイントになるのはアウトドアアイテム。「ドゥーズィエム クラスでアウトドアを取り入れるとしたら?と考えて、きれい目のアイテムと合わせられるようなブルゾンを強化。また、アウトドアアイテムをどこで買おうかと悩んでいる人は多く、そんな大人の女性のワードローブに加えられるようなものを意識した」と語る。ナイロンやフリースのブルゾンをそろえた。

 夏のワンピースは、黒を筆頭にシックな色がそろう。アクセントは刺しゅうに加えて、ネックレスだ。価格は1万円のものから、50万~60万円のファインジュエリーまで幅広い。「ファインジュエリーは初めて買い付けた。チープなものと本物を重ね付けしてほしい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら