ニュース

ドゥーズィエム クラスの2018-19年秋冬 スタイリング提案が生きる“シンプルでいいもの”がズラリ

 ベイクルーズグループのラクラスが手掛けるドゥーズィエム クラス(DEUXIEME CLASSE以下、ドゥー)は2018-19年秋冬、「シンプルでいいもの」をそろえる。「スタイリングの幅が広がるアイテムを並べる他、雑貨をバリエーション豊富に買い付けた」と加島夏子セクションマネジャー。「シンプルでいいもの」はダブルフェイスのコートやセンタープレスのパンツなどオリジナル中心でそろえる他、18年春夏で人気を集めたとろみのある素材でベージュ色のカーゴパンツはカーキ色で再登場する。「大人が着てもやぼったくならないシルエットと素材で提案した」とアノラックとのコーディネートを推す。カラーパレットは黒より茶やベージュ、紺を中心にそろえる。

 ドゥーは徹底したスタイリング提案がウケて、13年春のリブランディング以降、年間売上高は常に前年を上回り、既存店売上高も前年を上回り成長を続けている。「自分たちを“ファッションキュレーター”と考え、作品(アイテム)の特性を理解し、お客さま一人一人に合ったスタイリングを提案するのがドゥーだ」。加えて、ロゴアイテムや、ウエストポーチなど今年らしいアイキャッチなアイテムもそろえた。

 雑貨は、ヒョウ柄、ファー素材がイチ押し。価格帯とテイストの幅を広くそろえる。