ファッション

ロンハーマン2018-19年秋冬はピンクと他にはない“逸品”推し

 「自由な心に満ち溢れた、温かみのある女性。楽しく、ハツラツとした気持ちになるような商品を提案した」とロンハーマン(RON HERMAN)の栗元由美子バイヤー。2018-19年秋冬、鍵となるのは色。フォーカスするのはピンクのバリエーションと濃淡のあるホワイトで、特にピンクは10月上旬に大きく打ち出す。

 アウターは、ショート丈からロング丈までさまざまなダウンジャケット、多彩なピーコート、ボックス型やショート丈のデニムジャケット、ファーのベストやコートに力を入れる。アイテムは他にもセットアップやデザインニット、裾にデザインを加えたジーンズを強化する。柄は、ヒョウとチェックが推しだ。足元は折り返し型やソックス型などのショートブーツや鮮やかなフラットパンプスを、バッグは、メッシュやかごなど軽い素材のものやクロスボディー型をそろえる。

 コーディネートのイチ押しは、少しルーズなクロップドトップとドラマティックなAラインスカートといった、ショートアウターとボリュームボトムスの組み合わせだ。また、「他にはないものが欲しい」という顧客の声に応えて、手織りや手刺しゅうのインド・カシミール地方のストールや、フランスのアウターブランド「スプラング(SPRUNG)」がサガファー(SAGA FUR)を用いたコートなど“逸品”をそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら