ファッション

ユナイテッドアローズの2018-19年秋冬 トラッドを軸に色と柄をプラス

 ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)は2018-19年秋冬、軸であるトラッドスタイルに色や素材で鮮度を加える。さまざまなチェック柄のアイテム、ノルディック柄のニット、カラーファーのアイテムを鍵に、柄 × 柄やカラーブロッキングで遊びのあるスタイルを提案する。女性らしくクリーンなイメージを演出するために、足元は白のシューズを推す。中でもショートブーツがイチ押しだ。

 さらに、セットアップを強化する。鮮やかな緑のリバーコートとスカート、コーデュロイのジャケットとワイドパンツなどバリエーション豊富にそろえる。バッグはウエストバッグがポイント。日本初上陸のイスラエル発の「コンプレット(COMPLET)」を新規導入。クロスボディーやウエストバッグにもなる多機能バッグだ。バッグはイタリア製で価格は6万~8万8000円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら