ファッション

「ユニクロ」2018-19年秋冬の強化ポイントは? 赤や青、緑のカラーコーデが推し

 「ユニクロ(UNIQLO)」の2018-19年秋冬物は、カラーとシルエットのバリエーションと、その掛け合わせがポイント。アイテムでは、アウター、ニット、ボトムを強化する。クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)がアーティスティック・ディレクターを務めている「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」で昨年ヒットしたアイテムを、より幅広い層への訴求を狙って通常ラインに落とし込むケースも多い。

 色は赤、青、緑と、白・黒・グレーなどのモノトーン、ベージュなどのナチュラルの5色を推す。同じカラーでも素材によって微妙にトーンが異なるため、レイヤードした時に深みが出る。シルエットは素材の質感に合わせて、ワイド、フレア、スリムなどをそろえた。

 アウターでは、昨年発売したシームレスのダウンジャケットや、生地裏に防風シートをボンディングしたフリースジャケット、防風・撥水などの機能素材ブロックテックを使ったアウター類をそろえる。ブロックテックはこれまでスポーティーなブルゾンが中心だったが、昨年「ユニクロ ユー」でステンカラーコートを企画したところ好評だったため、通常ラインでもタウンユース用のコートを作った。フリースでも、昨年「ユニクロ ユー」で売れたノーカラーのボタンダウンジャケットから派生した商品を通常ラインで企画している。

 ニットは、引き続きメリノウール、カシミヤ、ラムの3素材をそろえるが、今季はラムを“プレミアムラム”に刷新した。従来よりも細い繊維を使うことで、肌触りよく仕上げた点がポイント。無縫製ニット機「ホールガーメント」で作る3Dニットも引き続き注力する。

 ボトムスは、くるぶし丈のテーパードパンツ“EZY(イーゼットワイ)アンクルパンツ”をさまざまな素材で企画した。ウエストゴム仕様で着心地に配慮しつつ、ベルトループを付けてスラックス感覚ではけるようにした点がポイント。ジーンズでも、スエットパンツのようなはき心地の“EZYジーンズ”を推す。ウィメンズではスカートも豊富にそろえる。通勤にも適したペンシル、プリーツ、サーキュラーなどの他、久々に新鮮な台形ミニもある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。