ファッション

エストネーション 2018-19年秋はジャケット、冬はダウンジャケットがイチ推し

 「2018-19年秋冬シーズンは、エフォートレスでリラックス感のあるスタイルから、強さや主張のある緊張感のあるスタイルへ。足元はこれまで人気を集めていたスライダーサンダルからヒール高のショートブーツやロングブーツを、アウターはブルゾンからジャケットを推す」と語るエストネーション(ESTNATION)の藤井かんなディレクター。

 今春夏のエストネーションの店頭でも、シーズンの立ち上がりでトレンドを取り入れやすいアイテムとして、ウエアよりもバッグやシューズといった雑貨の動きがよかった。また、アウターはジャケットが復活したシーズンでもある。

 今秋冬シーズンの立ち上がりは、ややオーバーサイズの紺ブレやチェック柄のツイードジャケットなどをそろえる。チェック柄を推すが、いわゆる英国調ではないところがポイント。色はキャメルをキーカラーに鮮やかな赤やヒョウ柄を差し込む。スタイリングのポイントとして鮮やかな色に染めたファーアイテムもそろえる。

 冬にかけては、パウダリーカラーのダウンジャケットをポイントにスポーティーなスタイルを提案する。ダウンジャケットブランドとして日本初上陸の英「ルー メイ(LU MEI)」を新規導入。価格は8万円台で、今シーズンは、1970年代のスキースタイルをほうふつとさせるノスタルジックなデザインが特徴だ。話題の「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」からは「モンクレール ノワール ケイ ニノミヤ(MONCLER NOIR KEI NINOMIYA)」と「モンクレール シモーネ・ロシャ(MONCLER SIMONE ROCHA)」をセレクト。コートはピーコ―トがイチ推しだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら