ニュース

モテ色はピンクから水色へ “モテ服”の王道「ジルスチュアート」が解説

 サンエー・インターナショナルの「ジルスチュアート(JILLSTUART)」は2019年春夏、やさしくて繊細なスモーキーパステル“デリケート・ニュートラルカラー”を打ち出す。1〜3月発売商品のキーカラーはサックスブルー、クリーム、グレイッシュピンク、水彩画風の花柄プリントなど。特にブランドの一推しはサックスブルーだ。

 佐藤三佳クリエイティブ・ディレクターは「フェミニンなテイストを好むお客さまにも取り入れやすいやさしいサックスブルーが注目カラー。(ストリートやカジュアルスタイルがトレンドの中)女性らしさに加え、気品も表現できるブルーが大人の女性にフックし、店頭の売り上げもピンクよりもブルーが動いている。グレー色に近く取り入れやすく、知的で好感度がある色」と語る。19年春夏コレクションは輝くを意味する“ルミナス”をテーマにレースをチュールで覆ったスカートを始め、レース素材に花柄をプリントしたブラウス、ジャケットに変形するトレンチコートなどワンテク加えたアイテムをラインアップする。

 18-19年秋冬スタートした新ライン“エンディーローブ(EndyROBE)”は、結婚式や接待、会食、忘年会、入学式や卒業式まで、さまざまなシーンに対応するウエアを提案する。ブランドの得意とするパールやフリル、レースなどの要素を入れながら、スカートの丈は短すぎないミモレ丈、ワンピースはワキや二の腕が隠れるスリーブなど、さりげなく配慮されている。19年春夏にはドット柄のレースドレス、ポンチ素材のパール付きカットソー、シルク100%のリブニット、ツイードのセットアップなどをそろえ、30代以上の「ジルスチュアート」顧客の大人層を狙う。

 「ジルスチュアート」は7〜9月に放送されたドラマ「サバイバル・ウェディング」に衣装をリースし、主演の波瑠が着用したワンピースやブラウスが売れ筋になった。小嶋奈南美プレスは「ドラマを通して、波瑠さん演じる婚活コラムを連載するさやかの服装がカジュアルからフェミニンな服装になっていき、そのフェミニンなスタイルで多く着用いただいた。特にデートやプロポーズシーンで着用していた服の問い合わせが多かった。雑誌の編集部で働いている設定で、ブルゾンちえみさんがSNS担当として、実際に出演者の写真をたくさんSNSにアップしていたことも奏功した」と言う。