ファッション

「ジーユー」の原宿新店舗はアバターでコーデが自由自在 中条あやみもオープンを祝福

 「ジーユー(GU)」は11月30日、東京・原宿の原宿クエスト2階に、ショールーミングに特化した新店舗「ジーユースタイルスタジオ(GU STYLE STUDIO)」をオープンする。「ここはオンラインとオフラインをつなぐ次世代型店舗。お客さまに今まで以上にワクワクし、かつとても便利なファッション体験を提供する」と柚木治ジーユー社長。オープン前日に開かれたプレス向け内見会には、同社のCMにも登場する女優の中条あやみや、お笑い芸人のパンサー、元女子サッカー日本代表選手の丸山桂里奈が登場し、お祝いムードを盛り上げた。

 売り場面積は594平方メートル。標準店舗よりも狭いが、ECと連動することでウィメンズ、メンズのフルラインアップをそろえる。注目ポイントは、入り口すぐの柱に据えられた4面のデジタルサイネージ。その場で自身の顔写真をもとにしたアバターを作ることができ、アバターでさまざまなコーディネートを試すことができる。「試着は重労働だが、ここではバーチャルで自由自在に楽しむことができる」(柚木社長)。商品を気に入れば、ECサイトから購入し、自宅の他、最寄りの店舗、一部コンビニでも受け取ることができる仕組み。その場で購入商品を持ち帰ることはできない。

 店舗で作成したアバターやお気に入り登録したコーディネートは、新公式アプリ「ジーユースタイルクリエイター(GU STYLE CREATOR)」とも連動して楽しめる。店頭の商品やマネキンには全て分かりやすい位置にQRコードのタグが付けられ、それをアプリで読み込めばお気に入り登録が可能だ。サイネージでは、ECでの商品の口コミなども閲覧できる。

 試着室をデジタルと連動させている点も見逃せないポイント。試着室に商品を持ち込むと、自動でRFID(電子タグ)が読み込まれ、試着室内のディスプレイに商品詳細が表示される。客はそれをお気に入り登録し、アプリにも読み込むことができる。「サイネージ上やアプリでお客さまがどんなアイテムを組み合わせたかのデータとともに、何を試着室に持ち込んで、何をお気に入り登録したか、何を買ったかといったデータを、商品開発に生かしていきたい」と期待は大きい。試着室は予約制で、並ばずに利用が可能だ。

 次世代型店舗として、スタッフの働き方もこれまでとは違うものになる。スタッフは「同規模の店舗の人数よりやや少ない」(広報担当者)25人前後。ショールーミング化によりかなり省人化したというわけではないが、「品出しや在庫確認などの作業が減ることで、接客に時間を割けるようになる」。そのため、スタイリング提案についてなどの研修を同店では行っているという。「ここは大いなる実験の場。原宿というクリエイティブな街でお客さまに楽しんでもらうとともに、われわれも学んでいく場にしたい」と、柚木社長。今後の同様の店舗の出店などは未定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。