ファッション
連載 YOUTH

ベイクルーズの20代若手社員が立ち上げた「オリエンス」 3月に路面店をオープン

 ベイクルーズグループのZ世代に向けた新ブランド「オリエンス ジャーナルスタンダード(ORIENS JOURNAL STANDARD)」は3月20日、渋谷・神南に「オリエンス ジャーナルスタンダード シブヤ」をオープンする。住所は渋谷区神南1-18-2で、ジャーナルスタンダード神南坂の跡地。

 「オリエンス」は23~26歳の若手社員4人が手掛ける、若者の等身大のリアルクローズにフォーカスしたブランド。4人それぞれがコンセプター、プレス、MD、VMDを務め、全員で仕入れから販売までを行う。“自分たちのお気に入りのビンテージ”をテーマに色や柄を組み合わせた“人とちょっぴり違うスタイル”を提案する。12月に開かれたベイクルーズの2020年春夏展示会でお披露目された。

 店舗は1階と地下1階の2層で、地下1階にプレスルームも併設する。6割が仕入れで、4割がオリジナル。ニューヨーク発のウィメンズブランド「タイラー マック ギリバリー(TYLER MC GILLIVARY)」や花屋がコンセプトの「パークデリ(PARK DELI)」、ロサンゼルス発のウィメンズブランド「サン ニー サン(323)」、韓国のユニセックスブランド「コンニチワ ボンジュール(CONICHIWA BONJOUR)」などを取り扱うほか、「ネーム(NAME)」とコラボしたタイダイ柄のシャツ(価格未定)などを発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。