ファッション

青山商事4〜12月期は最終赤字82億円 「アメリカンイーグル」撤退とスーツ離れの二重苦

 紳士服最大手の青山商事の2019年4〜12月期は、最終損益が82億円の赤字(前年同期は4億円の黒字)に転落した。「アメリカンイーグル(AMERICAN EAGLE)」事業の撤退に伴う特別損失84億円を計上したことが最大の要因だが、屋台骨であるビジネスウエア事業の低迷も痛手になった。

 売上高は前年同期比7.2%減の1562億円、営業損益は20億円の赤字(同39億円の黒字)だった。ここでも「アメリカンイーグル」事業の18億円の営業赤字が足を引っ張った。ビジネスウエア事業の主力であるメンズスーツの販売数量は約17%も減った。暖冬に加えて、急速に進むホワイトカラーのスーツ離れが顕著になっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら