ファッション

ベイクルーズが「アマゾン」に出店 「ジャーナルスタンダード」など19ブランド

 ベイクルーズはグループブランドのうち「ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)」などを含む19ブランドの「アマゾン(AMAZON)」での販売を開始した。

 同グループは今回自社ECサイトに加えて「アマゾン」の「マケプレプライム」(出品者が出荷する商品にprimeマークをつけることができるプログラム)対象商品として出品することで、「アマゾン」プライム会員などを含む新規顧客の獲得を目指す。オープンキャンペーンとして、1回の注文で税込み8000円以上の購入者を対象に、先着1000人にオリジナルノベルティーをプレゼントする。

 出品ブランドは、「ジャーナルスタンダード」「ジャーナル スタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD RELUME)」「ジャーナルスタンダード ラックス(JOURNAL STANDARD LUXE)」「イエナ(IENA)」「スローブ イエナ(SLOBE IENA)」「ヴェルメイユ パー イエナ(VERMEIL PAR IENA)」「スピック&スパン(SPICK & SPAN)」「ユーバイスピック&スパン(U BY SPICK & SPAN)」「フレームワーク(FRAMEWORK)」「ノーブル(NOBLE)」「ジョイントワークス(JOINTWORKS)」「ラ トータリテ(LA TOTALITE)」「エディット フォー ルル(EDIT. FOR LULU)」「ル タロン(LE TALON)」「エディフィス(EDIFICE)」「417 エディフィス(417 EDIFICE)」「ウィズム(WISM)」「ジャーナルスタンダード レサージュ(JOURNAL STANDARD L'ESSAGE)」「セーブ カーキ ユナイテッド(SAVE KHAKI UNITED)」。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら