ビジネス

「無印良品」がアマゾンでの販売を開始

 「無印良品」(良品計画)は5月1日から、アマゾン(AMAZON)での販売を開始した。これまでは実店舗と自社ECでの販売を主としてきたが、コロナショックにより国内437店中293店が休業中という事態を受け、アマゾンへの出店で客の利便性を高める。まずは「暮らしの必需品」と位置付ける化粧水や歯ブラシなどの日用品や、“巣ごもり”でニーズが高まっている収納用品、掃除用品などを軸に約250商品でスタートし、今後は衣料品を含め、品ぞろえを拡大していく。

 ECの巨人アマゾンへの出店で、「『無印良品』にこれまで親しみのなかったお客さまも取り込んでいく」(広報担当者)ことが狙い。コロナショックで店舗が休業している期間に限った措置ではなく、休業明けも継続していく考え。「組み立て作業が必要な大型家具などを除いて、取り扱いアイテムは今後拡大していく」。

 商品やブランドイメージのコントロールが利かなくなることや、模造品問題、アマゾンがオリジナルとして類似商品を発売することなどを恐れ、ファッション業界では近年、「ナイキ(NIKE)」をはじめアマゾンから撤退する動きが広がっていた。店舗休業が長引いて背に腹はかえられぬ状況となる中で、そういった流れが変わっていくこともありえそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。