ファッション

0円効果?「ゾフ」のブルーライトカットレンズの受注数が前年対比62倍で過去最高

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、スマートフォンやパソコンなどLEDディスプレーから発生するブルーライトをカットするレンズの「ゾフ」オンラインストアにおける受注件数が過去最高を記録したと発表した。同社が4月29~5月6日の8日間の受注数を昨年と比較したところ62倍に増えたという。

 理由は、新型コロナウイルスの影響による外出自粛でテレワークやオンライン授業が多くなり、パソコンやスマートフォンに接する機会が増えたことによる需要増。さらに、4月29日から実施したブルーライトカットコートの追加料金を従来の3000円から0円にしたことが挙上げられる。ブルーライトカットレンズのオプション選択率は昨年が約10%だったのに対し、今年は約72%となっており、同社は「緊急事態宣言発令に伴う在宅ワークの増加により、コンタクトレンズのユーザーが自宅で眼鏡を掛けるようになったり、パソコンの使用時間が増えたことなどから目の健康に対する関心が高まっているようだ」とコメントした。

 また同期間はオンラインでの受注件数が5.5倍となり、全体の数字も押し上げた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら