ファッション

0円効果?「ゾフ」のブルーライトカットレンズの受注数が前年対比62倍で過去最高

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を運営するインターメスティックは、スマートフォンやパソコンなどLEDディスプレーから発生するブルーライトをカットするレンズの「ゾフ」オンラインストアにおける受注件数が過去最高を記録したと発表した。同社が4月29~5月6日の8日間の受注数を昨年と比較したところ62倍に増えたという。

 理由は、新型コロナウイルスの影響による外出自粛でテレワークやオンライン授業が多くなり、パソコンやスマートフォンに接する機会が増えたことによる需要増。さらに、4月29日から実施したブルーライトカットコートの追加料金を従来の3000円から0円にしたことが挙上げられる。ブルーライトカットレンズのオプション選択率は昨年が約10%だったのに対し、今年は約72%となっており、同社は「緊急事態宣言発令に伴う在宅ワークの増加により、コンタクトレンズのユーザーが自宅で眼鏡を掛けるようになったり、パソコンの使用時間が増えたことなどから目の健康に対する関心が高まっているようだ」とコメントした。

 また同期間はオンラインでの受注件数が5.5倍となり、全体の数字も押し上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら