ビジネス

「ゾフ」の上野剛史インターメスティック社長退任 新ビジネススタートへ

 アイウエアショップ「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックの上野剛史・社長(写真)が12月末で退任。父で創業者の上野照博・会長が2015年1月1日付で社長を兼務する。剛史氏は、日本大学、英ウォーリック大学大学院卒業。01年、インターメスティック入社。12年3月から社長を務めていた。すでに自身の会社を銀座に構え、サービスマネージメント、人材紹介など新ビジネススタートの準備を進めている。インターメスティックの13年12月期決算(連結)の売上高は前期比111%の157億円。国内店舗数は158店舗、中国に26店舗を構える(14年12月末現在)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら