ビジネス

小学館から新型コロナ感染者 濃厚接触者の特定急ぐ

 小学館は3月24日、社員の1人が新型コロナウイルスに感染していたことを発表した。感染した社員は30代の男性。16日に発熱し、17日以降出社を控えていたが、医療機関でPCR検査を受け、感染が確認されたという。

 同社はこれを受け、感染社員が勤務していたフロアの一時閉鎖と消毒のほか、同社員の行動履歴の確認や濃厚接触者の特定、濃厚接触者の在宅勤務と健康管理・健康観察とその報告、全社員の健康管理・観察の徹底を発表した。「社員ならびに関係者の安全を最優先に考え、今後も行政機関等と連携を図り、感染拡大を防ぐために引き続き必要な措置を行っていく」としている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら