ビジネス

繊維大手の小松マテーレ社員に新型コロナの感染確認

 合繊生地の染色加工大手の小松マテーレの社員に、新型コロナウイルスへの感染者が出た。地元紙や地元テレビ局が報じており、同社も事実を認めた。感染した社員は60代の男性で、パリの素材見本市の出張にも参画していたが、発症したのは帰国後で、見本市会場での濃厚接触の可能性はないと見られる。同社は保健所など行政当局の指導の下、工場の消毒や感染者と濃厚接触した社員の自宅待機、取引先への説明などの対応をすでに行っているという。石川県は2月24日に県内で4人の感染者がいることを発表していた。

 小松マテーレは日本を代表するテキスタイルメーカーの一つで、国内外の有力ブランドにテキスタイルを供給している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら