ファッション

小松精練が社名変更 「小松マテーレ」に

 繊維大手の小松精練は10月1日付で、社名を「小松マテーレ」に変更する。社名変更は55年ぶり。同社の広報によると「設立75周年の節目を迎え、従来の衣料に加え、産業資材や建築資材などにも事業が広がってきた。繊維加工の工程の一つである“精練”から、素材を意味する“マテリアル”と創出・反復など意味を持つ接頭辞“re”を組み合わせた」という。社名変更で繊維分野にこだわらず、事業の多角化をさらに加速する狙い。

 同社は1943年に小松織物精錬染工として創業、1963年に現在の小松精練に社名を変更した。2013年9月には日本企業として初めて、世界最高峰のテキスタイルアワードの一つ「PVアワード」でグランプリを獲得している。

 なお2018年4〜6月期の業績は、売上高が前年同期比8.0%増の95億円、営業利益は同27.5%増の6億3100万円、経常利益は同15.9%増の7億8500万円、純利益は同20.0%増の5億7400万円だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。