ニュース

小松精練が世界ナンバーワンのテキスタイルメーカーに

 小松精練は19日、世界最高峰のファッション素材見本市「プルミエール・ヴィジョン(PV)」が主催するテキスタイルコンペティション「PVアワード」でグランプリを獲得した。同アワードは、世界28ヵ国から約700社が参加するPVの出展者の中から最も優れたテキスタイルメーカーを選出するもので、日本企業がグランプリを獲得するのは今回が初めて。

 今回の同アワードの審査委員長を務めたアレッサンドロ・サルトリ=「ベルルッティ」アーティスティック・ディレクターが、「とてもとてもスペシャルでファンタスティックだった!グランプリは小松精練」と発表すると、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

 対象になった製品は、2cmほどの厚さの発泡ウレタン樹脂の両面に極薄のナイロンを貼り付け、グニャグニャとした厚いテキスタイル。審査員のパスカリーヌ・ウィルヘルム=PVファッションディレクターは、「評価したのは、大変優れたテクノロジーというだけでなく、商品自体がとてもファニーで、デザイナーにハッピーなインスピレーションを与えられること」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら