ファッション

小松精練×隈研吾の世界初のカーボンファイバー建築「ファーボ」がお目見え

 テキスタイル大手の小松精練は13日、旧本社棟を改装したテキスタイルラボ「ファーボ」の落成式を行った。同社製のカーボンファイバーロッド「カボコーマ・ストランドロッド」を補強材として使った建築物は世界で初めて。デザインを担当した建築家の隈研吾は、「鉄とコンクリートでできた20世紀の建築ではなく、透明感があり、開放的で、しなやかなこれからの建築ができた。『カボコーマ』自体も、カーボンファイバーという最先端のテクノロジーに、組紐という日本の古い技術を掛け合わせた製品。強くて人間に優しいこれからの建築の可能性を見てほしい」と語った。「ファーボ」には、最新のテキスタイルコレクションの他、シルクや染色技術などの繊維技術の展示・紹介も行い、一般公開も予定している。池田哲夫・社長は、「炭素繊維は今の建築基準法ではまだ認められていないが、自ら使うことで一つの大きな実績を作った。今を見つめながら将来に向けて新しい素材を世間に問う、そういった場所にしたい」という。

 「ファーボ」の内部は、「カボコーマ・ストランドロッド」の他、屋外緑化用セラミック「グリーンビズ」、同社のテキスタイルを空調ダクトや照明のファサード、壁材、カーテンなどの素材に使用している。落成式には、三越伊勢丹ホールディングスの大西洋・社長、東レの阿部晃一・副社長、谷本正憲・石川県知事らが訪れた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら